ここからメインメニュー

  • かりる
  • ためる
  • 運用する・そなえる
  • 各種サービス
  • 金利
  • 生協組合員の皆様
  • 北海道ろうきんとは

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

HOME社会貢献事業 › 社会貢献助成制度

社会貢献助成制度 2014年 募集要項

募集期間:2014年3月17日(月)〜4月18日(金)

社会貢献助成制度

〜地域福祉活動、市民活動等に励むNPO団体やボランティア団体に、最高30万円、助成金を支給〜

 私たちは、少子高齢化・成熟化など社会環境の変化の中で、国や地方自治体・個人の力だけでは解決できない多くの社会的課題を抱えております。それらの課題に対して熱心に取組んでいるNPO団体やボランティア団体は、より良い社会づくりの新しい担い手として注目されております。そうした団体を応援するために、北海道ろうきんは創立50周年を契機に、「北海道ろうきん社会貢献助成制度」を2001年度に創設しました。これまで13年間に、総額約9,600万円の助成を実施しております。2013年度は102団体からの応募があり、うち45団体に対して計716万円3千円の助成を行いました。
 2014年度も同様に本助成制度を実施致します。
 働く人々の夢と共感を創造し、誰もが喜びを持って共生できる社会の実現を目指して、ろうきんも草の根の「市民活動・福祉活動」をあと押しします。

募集要綱

1.助成の対象

 非営利市民活動を主たる目的とする団体(NPO法人格の取得の有無は問いません)、または地域の福祉活動・市民活動の振興に努めるボランティア団体(任意団体を含む)で、以下の条件を満たす団体を対象とします。

  1. 北海道内に主たる事務所を有している団体。
  2. 当庫に助成金受領口座を開設している、または今後開設できる団体。
  3. 過去3年間、本助成制度により助成を受けていない団体。

2.助成先の選定基準

(1)活動内容の評価基準

  1. 事業活動内容が明確であり、且つ社会的価値・意義が認められていること。
  2. 法令違反など反社会的行為が認められないこと。
  3. 宗教的活動・政治的活動を行なっていないこと。
  4. 活動に先駆・独創性があること。
  5. 活動に地域貢献性があること。
  6. 活動に発展性があること。
  7. 活動に継続性があること。
  8. 活動に公開性があること。
  9. 会計に透明性があること。

(2)活動分野の選定基準

  • 特に活動分野は限定しません。

3.助成対象先の選定方法

助成先の選定は、上記2の基準による書類審査をもとに、「北海道ろうきん社会貢献助成制度選定会議」において決定します。

4.助成期間

単年度助成です。(原則として、2015年5月末までに終了する事業を対象とします)

5.助成金額(2014年度)

総額 700万円 (1助成先あたり上限30万円とします)

6.助成金の使途等

活動や事業に必要な直接経費の他、助成額の30%まではスタッフ等の人件費も含めることができます。

7.助成金の成果の報告

助成金交付先については、2015年6月末までに助成金の成果について、報告書と領収書等の確認資料を提出いただきます。

8.スケジュール

2014年3月17日(月) 応募開始
2014年4月18日(金) 応募締め切り〔当日消印有効〕
2014年5月中旬 選定会議による選定
2014年6月上旬 決定通知送付
2014年6月末頃(予定) 助成金交付
※助成先団体については、当庫ホームページ等にて公表させていただきますので、予めご了承願います。

9. 申請書類

(1) ろうきん制定の申請書

ろうきん制定の申請書(PDF) [30KB]

ろうきん制定の申請書(Word) [60KB]

(2) 定款・規約・会則などの(写)
(3) 事業計画書(写)
(4) 事業報告書(写)
(5) 前年度の決算書及び貸借対照表(損益計算書)(写)
(6) 収支予算書(写)
(7) その他〜申込団体が発行する機関紙・会報・パンフレットなど

※設立初年度の団体は、(5)の提出は不要です。

※(3)・(4)・(6)については、それぞれ直近のものをご提出ください。

※申請書ファイルご覧の際にはAdobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社) のAdobe(R) Acrobat(R) Readerが必要です。

10.応募及びお問い合わせ

〒060-0001 札幌市中央区北1条西5丁目

北海道労働金庫 社会貢献制度事務局

TEL.011-271-2101(代)

FAX.011-221-6846

※ご応募は、上記9の申請書類を社会貢献制度事務局宛ご送付ください。

※お送りいただいた書類はお返しできませんので、必要なものは必ずコピーをおとりの上、送付願います。

↑ページの先頭へ戻る