ここからメインメニュー

  • かりる
  • ためる
  • 運用する・そなえる
  • 各種サービス
  • 金利
  • 生協組合員の皆様
  • 北海道ろうきんとは

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

HOME > 投資信託のしくみ > 投資信託 > 投資信託のしくみ

ここから本文です。

投資信託のしくみ

投資信託の魅力

少額から投資が可能 当金庫では、1万円以上1円単位でお申込みいただけます。また、投信積立てのサービスである「投信定時定額買付サービス」では、1回あたり5,000円以上1,000円単位でお申込みいただけます。
専門家が運用 専門家が運用を担当するため、お客さまに専門的な知識がなくても株式や債券等に(間接的に)投資できます。ただし、専門家が運用するからといって必ず収益が得られるとは限りません。
分散投資 投資信託の財産は、さまざまな資産に分散投資して運用されることから、リスクの軽減を図ることができます。自分自身で、さまざまな資産に分散投資をすることもできますが、資産選びの労力や費用などが掛かります。

投資信託のしくみ

当金庫が取り扱う投資信託(証券投資信託)は、当金庫などの「販売会社」を通じて多くのお客さま(受益者)に販売されます。

投資信託のしくみ

投資信託と預金の違い

元本保証の有無 元本保証(当金庫破綻時も、預金保険制度の範囲内で保護されます) 元本保証なし(運用成果によっては高い収益を期待することもできますが元本割れすることもあります)
利子・分配金 あらかじめ決められた利率に基づく利息を受取り 運用状況等によって受け取れる収益分配金の額は変動(無分配の場合もあります)
手数料等の費用 原則として手数料等の費用はなし 原則として購入時や保有時に費用が発生
(換金時に費用がかかるものもあります)

※当金庫が取り扱う投資信託は、預金保険制度の保護の対象ではなく、投資者保護基金制度の保護の対象でもありません。

分別管理

投資信託の資産は、受託者である信託銀行等が自己の資産とは別に管理します。そのため、万が一、当金庫、投信会社、信託銀行等が経営破綻しても、信託財産への影響はありません。
(注)当初元本の保証がお約束されているわけではありません。

北海道労働金庫 登録金融機関 北海道財務局長(登金)第38号
・当金庫は金融商品取引業協会に加入していません。