ここからメインメニュー

  • かりる
  • ためる
  • 運用する・そなえる
  • 各種サービス
  • 金利
  • 生協組合員の皆様
  • 北海道ろうきんとは

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

HOME > 運用する > 投資信託 > 投資信託のパフォーマンス評価の指標

ここから本文です。

投資信託のパフォーマンス評価の指標

シャープ・レシオ

リスク(収益率の標準偏差)が同じであれば、より高い収益を上げたほうが運用成績がよいということができます。このような評価をする指標として「シャープ・レシオ」というものがあります。シャープ・レシオは、アメリカの経済学者で、資本資産評価モデル(CAPM)の創始者であるウイリアム・シャープ博士が考案した、リスク調整後リターンの代表的な指標です。
具体的には、ファンドの収益率(リターン)から無リスク資産の収益率(通常コールレート等の短期金利)を除いた「超過収益率」をファンドのリスクである収益率の標準偏差で割って求めます。シャープ・レシオの数値が大きいほど、同一のリスクに対して大きなリターンを上げることができたと評価されます。

シャープ・レシオの計算式

<標準偏差>
ある資産の収益率のブレ幅は、統計学的に、その平均収益率の一定の範囲内に収まるとされており、この範囲を表すものを「標準偏差」といいます。たとえば、ある資産の平均収益率が3%で、その標準偏差の値が5%とすると、統計学的には、各期間の収益率は、1標準偏差(σ:シグマ)の範囲内である3%±5%に68.3%の確率でおさまるとされます。なお、投資の世界では、この標準偏差を、期待収益率に対するリスクの尺度とされます。

レーティング

投資信託の総合評価を、同一分類の投資信託ごとに行い、5段階の星印等で表示するものです。★印でファンドを評価する手法は、米国モーニングスター社が世界で初めて導入したものです。
この評価は、過去のパフォーマンスに基づくもので、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。また、投資信託の評価機関ごとに分類方法や評価基準が異なるため、同一の投資信託であっても、投資信託の評価機関によって星の数などが異なることがあります。

北海道労働金庫 登録金融機関 北海道財務局長(登金)第38号
・当金庫は金融商品取引業協会に加入していません。